MENU
\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

クーラーボックスの結露対策は3つ!保冷力の強化方法や選び方まで紹介

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

最近バーベキューして楽しかったけど、クーラーボックスが結露だらけでベチャベチャに…。

クーラーボックスを開けたり閉めたりが多かったんじゃないですか?

ほとんど開けっ放しだったよ!

せっかくのクーラーボックスが、ただの箱になっていたんですね!

水だらけの、ただの箱になっていたよ!

クーラーボックスを開けっ放しにすると、急激な温度変化の影響で結露だらけになります。

できるだけ熱い外気に触れないようにすることが結露対策の1つです。

クーラーボックスの保冷力は、どうやったら強化できるの?

実は、保冷力を強化するためには、結露対策が必須なんです。

本記事では、クーラーボックスの結露対策を3つ紹介するとともに、保冷力を強化する方法やクーラーボックスの選び方まで解説していきます。

もくじ
Sponsored Links

クーラーボックスの結露対策は3つ!外気の熱を回避する

クーラーボックスに結露ができるのは温度変化が原因だよね?
対策とかある?

そうなんです。
急激な温度変化があると、クーラーボックスに結露ができます。

冷えたクーラーボックスが外気の熱の影響で温められると結露の原因に。
もちろん対策はありますよ!

結露対策3つ
  1. 日陰に置いて直射日光を回避する
  2. クーラーボックススタンドを活用する
  3. 開ける頻度を最小限にする

結露対策について具体的に紹介していきます。

【対策1】日陰に置いて直射日光を回避する

日光が直接当たる場所に置いておくと、クーラーボックス自体が熱くなってしまいます。

クーラーボックスの外側が熱くなると、冷やされた内側に温度差が生じて結露になるので、日陰に置いて保冷力を保ちましょう。

クーラーボックスが黒系の色だと熱を吸収しやすいので、白系のタオルを上にかぶせておくと良いです。

【対策2】クーラーボックススタンドを活用する

コンクリートでも土でも、地面は熱を持っています。

地面に直接置くと、クーラーボックス自体が温められるので要注意!

クーラーボックススタンドで地面と距離を置いて、下からの熱を防ぎましょう!
熱を遮断すると結露対策になります。

クーラーボックススタンドは、汚れから守るだけじゃないんだね!

そうなんです!
クーラーボックススタンドは「汚れ」と「熱」から守ってくれるんです。

もしクーラーボックススタンドが無かったら、通気性のある椅子や台などの上に置いておきましょう。

【対策3】開ける頻度を最小限にする

冷やされたクーラーボックスを開けて外気が入り込むと、急激に温度が上がります。
温度変化の回数が多いと結露の原因に!

クーラーボックスの開閉頻度を少なくするためにも、必要なものはまとめて取り出しましょう

これは冷蔵庫の原理と同じかな?

冷蔵庫もドアの開閉が多いと結露ができますよね。
同じようにクーラーボックスも温度変化が多いと結露の原因になります。

Sponsored Links

クーラーボックスの保冷力を強化する6つの工夫!

クーラーボックスの目的は温度を保つこと。
多くは、冷たいものを保冷するために使われます。

保冷力を強化するためにも、クーラーボックスの中に常温や温かいものは入れないようにしましょう。
簡単に工夫できることは6つ。

保冷力を強化する6つの工夫
  1. 前日に保冷剤を使って予冷する
  2. 上下に保冷剤を置いて冷気を循環させる
  3. 事前に冷やしたものを入れる
  4. 二重ボックスで長時間耐える
  5. 保冷剤などを活用して隙間なく埋める
  6. 結露対策をすると保冷力が保たれる

改造して保冷力を上げることもできますが大がかりです。

今回は、簡単に保冷力を強化する工夫を6つ解説していきます。

【工夫1】前日に保冷剤を使って予冷する

クーラーボックスを使用する前日に、保冷剤を中に入れて予冷しましょう。

あらかじめ冷却することを「予冷」と言います。

クーラーボックスを冷やすために、前日入れていた保冷剤は溶けているので、当日は新しい保冷剤を入れ替えてくださいね。

冷やされたクーラーボックスを使用すると、新たに投入する保冷剤のパワーも長く保てます。

【工夫2】上下に保冷剤を置いて冷気を循環させる

冷たい空気は上から下に移動します。
コンパクトなクーラーボックスは、保冷剤を上に置いておくだけでも大丈夫です。

大きめのクーラーボックスだったら、冷気が下まで到達しない可能性があるので、保冷剤を上下に置くのがベスト!

空いたスペースにも保冷剤を入れて、保冷力を高めましょう!

葉物野菜などは低温障害で痛む可能性があるので、保冷剤から離しましょう。

保冷剤は氷で代用しても良いの?

氷で代用すると、帰りの荷物も軽くなるからおすすめです。

ロックアイスは溶けやすいので、保冷剤の代用には不向き!

どんな氷だったら保冷剤の代用になるの?

板氷は保冷力が高いので、おすすめですよ!

【工夫3】事前に冷やしたものを入れる

冷えた飲み物や食べ物を入れることで、クーラーボックスの保冷力は上がります。

凍らせても良いものは、凍らせて保冷剤代わりに活用しましょう。

【工夫4】二重ボックスで長時間耐える

特に傷みやすいものは、ソフトクーラーボックスに入れてからハードクーラーボックスで保管すると長持ちします。

長時間の保冷をしたいなら二重にしましょう。

「ソフトクーラーボックス」「ハードクーラーボックス」とは?

【工夫5】保冷剤などを活用して隙間なく埋める

クーラーボックスの中に隙間があると保冷力が下がります。

食べ物や飲み物の間に隙間ができないように、保冷剤を活用しましょう!

保冷剤が足りなかったら、凍らせた飲み物や食べ物を詰めて、できるだけ隙間を作らないようにすると保冷力が強化されます。

【工夫6】結露対策をすると保冷力が保たれる

結露対策は「日陰に置く」「クーラーボックススタンドを活用する」「開ける頻度を最小限にする」。

急激な温度変化を防止する結露対策は、保冷力を強化する上で必要不可欠です。

クーラーボックスの選び方!2つの種類や素材の違い

クーラーボックスって、釣りやキャンプに持っていく重い箱だよね?

それは、ハードクーラーボックスですね!
クーラーボックスのタイプは、ハードとソフトの2種類があり、それぞれ用途が違います。

ハードクーラーボックス
ソフトクーラーボックス
  • 多くの飲料や食料を入れられて収納力が高い。
  • 断熱材が入っているから、長時間の保冷効果がある。
  • 外側が布などのやわらかい素材でできていることが多いため軽い。
  • バーベキューや小規模なキャンプ、お買い物にも使える小ぶりサイズ。
  • 折りたたんでコンパクトに収納ができるから日常使いが可能。

クーラーボックスの素材は「値段」「重さ」「保冷力」の何を重要視するかによって選び方が異なります。

ハードクーラーボックスとソフトクーラーボックスの違いや、素材の選び方まで詳しく紹介しますね。

【種類】ハードとソフトの違いを検証!

クーラーボックスの選び方の基本は「長時間・大容量の保冷ならハードクーラーボックス」「短時間の保冷で良いならソフトクーラーボックス」です。

ハードクーラーボックス

メリット
デメリット
  • 多くの飲料や食料を入れられて収納力が高い。
  • 断熱材が入っているから、長時間の保冷効果がある。
  • 重量があり、サイズも大きい。
  • 折りたたむことができないから、終始スペースをとる。

ハードクーラーボックスは、本格的なキャンプや釣りの必需品。

長時間の保冷や、多くのものを収納しておくのに便利です。

ソフトクーラーボックス

メリット
デメリット
  • 外側が布などのやわらかい素材でできていることが多いため軽い。
  • バーベキューや小規模なキャンプ、お買い物にも使える小ぶりサイズ。
  • 折りたたんでコンパクトに収納ができるから日常使いが可能。
  • ハードクーラーボックスほど多くのものを収納できない。
  • 長時間の保冷には不向き。

ソフトクーラーボックスは、軽量かつコンパクトなため、日常使いからアウトドアまで活躍できることが特徴。

特に冷やしたいものは、ソフトクーラーボックスに入れてハードクーラーボックスで保管すると、保冷力が長持ちします。

【素材】保冷力を高めるには断熱材も着目!

クーラーボックスは素材によって保冷力が変わります。

断熱材は、外部からの熱を遮断し、クーラーボックス内の温度も保ってくれる役割。

保冷力が高い素材のクーラーボックスでも、6つの工夫は実践するべき?

保冷力を最重要視するなら、素材にこだわりつつ、ポイントも押さえると尚良いでしょう。

しかし、1番保冷力が高い素材は、重さも値段も高いです。
目的や予算を加味して素材を選びましょう。

ハードクーラーボックスとソフトクーラーボックスで、使われている素材は違います。

ハードクーラーボックス

真空断熱パネル

クーラーボックスの保冷力を最重要視するなら真空断熱パネルがおすすめ。

保冷力は、どの素材と比べてもダントツ!
重量も値段も1番高い素材です。

発泡ウレタン

「1日もてば良い」なら十分。
値段はもちろん、保冷力・重量ともに中間の素材です。

発泡スチロール

とにかく値段が安くて軽い!
厚みがあると保冷力が上がりますが、安さ重視素材なため、期待できないのが現実。

キャンプなど長時間の使用は危険で、手土産を一時保管するための用途だったら問題ありません。

ソフトクーラーボックス

アルミニウム

熱を遮断し、内側の温度も上がりにくくしてくれます。
コンパクトに携帯できるタイプが多い。

ポリウレタン

厚みと保冷力が比例する素材です。
ソフトクーラーボックスで保冷力を追求するなら、厚手のポリウレタンは最強!

当然ながら、厚みがあればあるほど重くなります。

ポリエチレン

安価な商品に多い素材です。
安くて丈夫が持ち味!

クーラーボックスの素材は「とにかく値段重視」の選び方だったら迷うことなくポリエチレンです。

クーラーボックスのサイズは人数や目的に合わせて選ぶ

キャンプに持って行くクーラーボックスは、どのくらいのサイズが良いの?

人数によって異なりますが、1人~2人の少人数だと30L前後が妥当でしょう。

4人だと倍の60Lくらいのサイズかな?

もう少し小さめの容量で良いでしょう。
大型のクーラーボックスは重いので、中型2個を使った方が便利です!

サイズの選び方は、早見表を参考にしてください♪

【早見表】キャンプ・海釣り・川釣りでのベストサイズ

クーラーボックスのサイズ(容量)はリットル(L)で表します。

スクロールできます

キャンプ(1泊2日)

海釣り

川釣り
20L前後大人1人
30L前後大人1人~2人
40L前後大人2人~3人
50L前後大人3人~4人
75L前後大人5人~6人

大型1つよりも中型2つで使い勝手を整える

今度2人でキャンプに行くけど、余裕をもって50Lのクーラーボックスを買おうかな!

早見表は指標の1つですが、あまりにも大容量のクーラーボックスはおすすめしません。
2人で2泊3日のキャンプだったら50Lで良いです。

必要以上に大きなクーラーボックスを利用するデメリット
  • クーラーボックス内の隙間が多くなり、保冷力が下がって結露の原因にもなる。
  • サイズの大きさに比例して重くなるため、運びにくくなる。

クーラーボックスの50L以上は結構重いので、キャスター付きがおすすめ!

50Lが必要だったら、20Lと30Lを1個ずつ購入すると便利そうだね!

とても良い視点ですね!
大型クーラーボックスが1つよりも、中型クーラーボックスを2つ用意すると使い勝手が良いです。

クーラーボックスを頻繁に開けると、結露の原因になりますし保冷力も下がります。

食料用と飲料用など分けて保管して、クーラーボックスの開閉頻度を抑えましょう!

釣りの場合は「何の魚を釣る目的であるか」を明確にして、魚に合わせた大きさのクーラーボックスを選びます。

海釣りの方が、大きめの魚を釣る目的とする機会が増えるので、川釣りより大きめサイズを指標にしています。

まとめ

  • クーラーボックスに結露ができるのは、急激な温度変化が原因。
  • クーラーボックスの結露対策は「日陰に置く」「クーラーボックススタンドを活用する」「開ける頻度を最小限にする」。
  • 保冷力を強化するなら、前日に予冷する・上下に保冷剤を置く・冷やしたものを入れる・二重ボックスにする・隙間なく埋める・結露対策をする。
  • クーラーボックスの中に常温や温かいものを入れると保冷力が落ちる。
  • 長時間・大容量の保冷はハードクーラーボックス、短時間・軽量の保冷はソフトクーラーボックス。
  • 保冷力が最も優れているのは、ハードクーラーボックスの真空断熱パネルだが、重量も値段も1番高い。
  • 大型のクーラーボックス1個だと重くて運びにくいから、中型のクーラーボックス2個に分けて保管することで、運びやすく保冷力も保ちやすい。

クーラーボックスも冷蔵庫と同じように、急激な温度変化を繰り返すことで結露ができます。

結露を防止するためにも、保冷力を保つためにも、クーラーボックス内の温度管理に心配りましょう。

「保冷力」「値段」「サイズ」「軽さ(持ち運びやすさ)」の何を最重要視するのかで、クーラーボックスの選び方が変わります。

種類が多い分、ホームセンターや家電量販店、釣具店などで直接見て選んでみるのも良いでしょう。

Sponsored Links
share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ