MENU
\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

レターパックの様は消すのが正解!消し方や宛名の書き方を解説

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

レターパックはお届け先や依頼主の記入欄が指定されているので、記載する情報に悩まず送れて便利ですよね。

でも、そのまま郵送するのはちょっと待ってください!

消すべき「様」は正しく消しましたか?
書き換えるべき「様」は正しく直しましたか?

レターパックのお届け先や依頼主の空欄を埋めるだけでは、お届け先に対して失礼になってしまいます。

レターパックに最初から記載されている文字を消すことは見落としがちです。

私は間違ったまま使用していたので、何度お相手の方に失礼をしてしまったかわかりません…。

お届け先に無礼のないように、ビジネスマナーとしてレターパックの正しい宛名の書き方を知っておきましょう。

この記事では、レターパックの様を消す方法や宛名の書き方、返信用で使用する際の注意点を解説します!

もくじ
Sponsored Links

レターパックの様は消すべし!ご依頼主欄の注意点紹介

レターパックの「様」は消すべきなんです!

そうは言っても、どこに書いてある「様」のこと?

元から印字されているのに、どうして消す必要があるの?

と思いますよね。
レターパックで消すべきポイントは以下の通りです。

【ご依頼主欄】・・・「様」「ご」「お」を消す

引用 日本郵便

消す箇所についての疑問を解決すべく、レターパックの消すべき箇所を解説します!

ご依頼主欄の「様」は消す

まず、一番注意しなければいけないのはご依頼主欄です。

見落としがちですが、ご依頼主のおなまえ欄の右側に「様」が記載されています。

ここには送り主、つまりあなたの名前を書くことになりますね。

仮に、あなたの名前は「猫山 犬子」だったとします。

「様」を消すことなく郵送した場合、お届け先に猫山が送った「猫山犬子様」と書かれた郵便物が届くわけです。

なんで自分の名前に様を付けてるんだよ!とツッコミたくなりますよね。

自分の名前に様を付けたまま、お届け先に失礼のないように、レターパックのご依頼主欄の「様」は消す必要があるのです。

レターパックは日本郵便株式会社が販売する商品なので、購入したあなたは売り主から見てお客様です。

お客様の名前が書かれるであろう箇所なので、元から様が印字されています。

しかし、あなたがそのレターパックを使うときは、あなたはお届け先に対してへりくだる立場にあるので、「様」を消す必要があるのです。

ご依頼主欄の「ご」や「お」は消す

ご依頼主欄には、「ご」が1箇所と「お」が2箇所あります。

  • ご依頼主欄の「ご」
  • おところの「お」
  • おなまえの「お」

これらは、送り主の情報を記載する欄です。

送り主であるあなたの情報に、丁寧に「ご」や「お」を付けたまま郵送することになってしまいます。

お届け先に無礼のないように、レターパックのご依頼主欄の「ご」や「お」は消す必要があるのです。

Sponsored Links

レターパックの様は二重線で斜めに消そう!

レターパックの「様」などを消すときにはマナーがあるんです。

「消す」と言われると、完全に見えないようにしなければと、黒く塗りつぶしたり修正テープで隠したりしたくなりますね。

でもそれは間違いです!

郵便物の文字の消し方にはマナーがあります!

  • 文字は二重線で斜めに消す。
  • 書き損じを送ることは相手に失礼になるため、新しいレターパックを使用する。

文字の消し方で送り先に失礼のないように、消すときのマナーについて解説します。

消し方にマナー有り!二重線斜め消しがベスト

レターパックの様などは「二重線斜め消し」と覚えればOKです!

黒塗りや修正テープ、シールなどで隠す必要はありません。むしろ送り先に対して失礼になってしまいます。

定規を使用して丁寧な直線を書く…必要もありません。

レターパックの様などを消す斜めの二重線は、フリーハンドで丁寧に(線の最後はしっかり止めて)書きましょう。

フリーハンドだからと、乱暴に書いてしまっては印象が悪くなってしまいます。

書き損じを二重線斜め消しするのはNG

送り先の住所や名前は書きなれないので、漢字を間違えてしまうなど書き損じることがあると思います。

残念ながら、レターパックの書き損じでは、二重線斜め消しは通用しません!

そもそも書き損じたものを相手に送ること自体が失礼になります。

書き損じてしまったときは、新しいレターパックを使用しましょう。

書き損じたレターパックは使用できませんが、手数料42円を支払えば新しいレターパックに交換することができます。

レターパックプラスは520円、レターパックライトは370円なので、書き損じたからと捨ててしまってはもったいない…。

42円で救済してもらえるので、助かりますね

レターパックの様は宛名別に書き換え方がある!

レターパックはお届け先欄、ご依頼主欄、品名欄の3箇所に記入が必要です。

お届け先欄とご依頼主欄は、おところ・おなまえ・電話番号を記入します。

お届け先欄のおなまえの右側に記載されている「様」は、宛名によって書き換えなければいけません。

宛名の後ろに付ける「様」「御中」「各位」「先生」などを敬称と呼びます。
主な敬称の使い分け方は以下の通りです。

  • 個人宛・・・様
  • 会社や団体宛・・・御中
  • 学校宛・・・御中や先生

宛名別の敬称の書き換え方を詳しく解説します。

【個人宛の場合】そのまま「様」でOK!

レターパックを個人宛に送るときは、ほとんどの場合「様」を使用するので、書き換える必要はありません。

個人宛の場合で「様」以外の敬称は、「先生」や「殿」があります。

学校の先生やお医者さんなど、先生と呼ばれる職業の方宛に送るときは、敬称を「先生」としてもOKです。

「殿」は、目上の人が目下の人に使うときに使う表現とされているので、使用するときは注意が必要です。

個人宛に送るときは、敬称に迷ったら「様」を選んでおけば問題ありません。

ちなみに、役職と様を記載するときにも注意点があります。

  • 「○○株式会社 営業部 猫田犬男 部長 様 」これは間違いです。
  • 「○○株式会社 営業部 部長 猫田犬男 様」が正解です。

レターパックの宛名に役職と様を記載するときは、「①会社名→②所属→③役職→④氏名→⑤様」と覚えましょう。

【会社や団体宛の場合】「様」は「御中」にしよう

レターパックを団体宛に送るときは、「様」を二重線斜めで消して「御中」に書き換えます。
会社や部署、組織などに送るときに使用します。

  • ○○株式会社 御中
  • ○○株式会社 営業部 御中

会社や部署に加えて氏名を宛名に入れるときは、「御中」は不要で「様」を使用します。

  • 「○○株式会社 営業部 部長 猫田犬男 様」となります。

【学校宛の場合】「御中」や「先生」を使用しよう

レターパックを学校宛に送るときは、2つのパターンが考えられます。

学校名のみ記載するときは「学校名+御中」、先生の名前も記載するときは「学校名+先生の名前+先生」と記載しましょう。

レターパックの様を返信用で消す際のパターン2つ紹介

レターパックを返信用としてあなたから同封したり、送られてきたレターパックで返信したりする場面があるかもしれません。

レターパックを返信用として使用する場面は大きく分けて以下の2つが考えられます。

  • 返信用レターパックを同封して、相手に返送をお願いするとき
  • 受け取った郵便物に同封されていたレターパックを使って、自分が返送するとき

レターパックを返信用で使用する場合にも、「様」などを消して書き換える必要があります。
2つの場合を想定して解説していきます。

【返信用を同封して送る】お届け先欄は「行」にしよう

あなたが相手に返信用レターパックを同封して送る場合、お届け先にはあなたの情報を記載します。

(返信用レターパックのお届け先のおところ・おなまえ・電話番号は、返信を依頼した側が記載する。)

レターパックのおなまえ欄の右側には「様」が印字されています。

あなたの名前にあなた自身が「様」を付けたままにしては、相手に失礼になってしまいます。

返信用レターパックのお届け先欄の「様」は、二重線で斜めに消して「行」と書き換えましょう。

【同封された返信用を利用】記載済みの敬称を書き直す

同封されていた返信用レターパックを使って返信する場合、お届け先欄はすでに記載されているはずです。

お届け先のおなまえ欄は、「行」を二重線で斜めに消して、「様」や「御中」など宛名に合わせて敬称を書き直しましょう。

ご依頼主欄のおところ・おなまえ・電話番号にはあなたの情報を記載し、お名前欄の「様」は二重線で斜めに消します。

まとめ

  • お届け先に無礼のないように、レターパックのご依頼主欄の「様」「ご」「お」は消す。
  • 様などは二重線で斜めに消す。線はフリーハンドで丁寧に(線の最後はしっかり止めて)書く。
  • レターパックを個人宛に送るときは、ほとんどの場合「様」を使用する。
  • 宛名に役職と様を記載するときは、「①会社名→②所属→③役職→④氏名→⑤様」。
  • レターパックを会社や団体宛に送るときは、「様」を二重線斜めで消して「御中」に書き換える。
  • 学校名のみ記載するときは「学校名+御中」、先生の名前も記載するときは「学校名+先生の名前+先生」とする。
  • 相手に返信を依頼する場合、返信用レターパックのお届け先欄の「様」は、二重線で斜めに消して「行」と書き換える。
  • 同封された返信用レターパックを使用する場合は、宛名に合わせて敬称を書き換える。

レターパックは荷物に厚みがあっても送ることができたり、追跡機能があったりととても便利です。

送り先に対して郵便物でイメージダウンしないように、マナーを守ってレターパックを活用しましょう!

Sponsored Links
share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ