MENU
\ 楽天ポイント最大10倍! /

ルーズリーフの保管方法で差がつく!大学生にぴったりなポイント3つ

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

ルーズリーフは大学生にぴったりな文房具だって知ってました?

大学の講義によってはあまりノートを取らないものもありますよね。

空白の目立ったノートをみると残念な気持ちになります。

ノートはかさばるし、できれば無駄なものは買いたくない。

お金がない学生はできるだけ出費は抑えたいものです。

ルーズリーフなら1つ買えばいろんな講義で使え、必要な分だけでまとめることができます。

ルーズリーフを使いやすくするポイントは保管方法にあります。

記入前と記入後のルーズリーフの正しい保管方法を知ればストレスなく使えます。

しかも荷物も減らせちゃう!
この記事ではルーズリーフの保管方法や製本のやり方をご紹介します。

お金をかけずにできる方法なので、学生のあなたでもかわいいオリジナルのノートを作れますよ。

もくじ
Sponsored Links

ルーズリーフの保管方法!記入前後のイラッを解決

誰でも一度は使ったことのあるルーズリーフですが、使っているとイライラしてしまうことってありませんか?

普段ルーズリーフは使ってるけど、袋を開ける音が大きかったり、バラバラになったり毎回不満なんだよね。

でもこれ、保管方法さえ気をつければ解消できちゃうんです。

私もルーズリーフはよく使いますが、使用前と使用後の保管方法を知らなかったせいでプチストレスを感じていました。

特に記入前。

ルーズリーフを袋に入った状態で使っていると袋も汚くなるし、残り少なくなるとカバンに入れるだけでぐちゃぐちゃのしわだらけになっていました。

使う前からこの状態だと書く気もなくなりませんか?

でもルーズリーフの保管方法をちょっと変えるだけで、格段に使いやすくなったんです。

きれいな状態のルーズリーフを見ると書くときもワクワクしちゃいますよね。

ここからは、記入前と記入後それぞれの保管方法をご紹介します。

じっくり読んで、あなたにぴったりな保管方法を見つければストレスなんてなくなりますよ♪

記入前の保管方法3選!取り出しやすさを考慮

新しいルーズリーフってなんだかウキウキしますよね。

でも、いざ使ってみるとイライラポイントは満載です。

記入前のルーズリーフの使いにくいポイントは4つ。

  • 袋の口を開ける音が大きい
  • 1枚ずつ取り出しにくい
  • 出しすぎると袋に戻しにくい
  • 残りが少ないとぐちゃぐちゃになりやすい

音の大きさ、取り出しにくさ、戻しにくさで貴重な講義の時間は無駄にしたくないですよね。

でも、そんな悩みを一気に解決できちゃう方法があるんです。
その解決方法は3つ。

  • ルーズリーフケースを使う
  • バインダーを使う
  • クリアファイルを使う

これだけで記入前のルーズリーフのイライラから解放されるのは嬉しいですよね。

ルーズリーフケースを使う

封筒型のルーズリーフケースを使えば取り出しやすく、出しすぎたルーズリーフもしまいやすいですよ。

使う分だけを入れておけば、カバンの中もすっきり。

もちろん、袋を開けるベリベリっと言う音もしません。

このベリベリ音は静かな部屋に響くから、音を気にしなくて済むのは嬉しいね。

もちろんしっかりとした素材なので、少ない枚数でも折り曲がる心配もなし。

水濡れも気にしなくて済むので雨の日でも安心です。

バインダーを使う

二つ折りタイプのバインダーならルーズリーフを保護してくれるのはもちろん、挟んだまま字が書けるので便利です。

次のルーズリーフに移るときもバインダーから外すだけなので簡単。

最近ではオシャレなデザインのバインダーも売っているので、自分好みのバインダーを選べるのが嬉しいですね。

バインダーは、就活の企業説明会などでも使えるから1つはあると良いよね!

ただしバインダーは前と後ろの汚れには強いですが、上下からの汚れには弱いので、雨の日は気をつけなければいけません。

クリアファイルを使う

クリアファイルなら、折れを防止することもできます。

何かしら使う機会が多いので、部屋に1つはあるクリアファイル。

使わないクリアファイルに数枚ルーズリーフを挟んで持ち運びすれば、一番お金のかからない保存方法になります。

クリアファイル自体の厚みも薄いので、カバンの中で場所を取らないのも嬉しい。

ただルーズリーフケースやバインダーに比べ柔らかいです。

使い方によっては折り癖やクリアファイルが曲がってルーズリーフが汚れてしまう場合があるので注意が必要。

心配なら参考書など固いもので挟んであげると折れにくくて安心ですよ。

記入後の保管方法5選!製本が便利

せっかく記入したのにバラバラになって、順番通りに並べるのが大変。

なんてこともルーズリーフあるあるです。

特にこの5つに困っていませんか?

  • バラバラになる
  • ファイルだらけになる
  • リングの数が多いとめんどくさい
  • 折れやすい

勉強の効率を上げるためにも見やすくまとめたいですよね。

でも、今からご紹介する5つの方法を使えばスマートにまとめられます。

  • 封筒に入れて保管する
  • ファスナークリップを使う
  • プラスティッククリップを使う
  • リングファイルを使う
  • 製本する

封筒に入れて保管する

記入後のルーズリーフをA4の封筒に入れて保管する方法があります。

封筒ならコンビニで買うことができるので、準備しやすいですね。

ただ中に何が入っているかは開けて出してみなければいけないのが難点。

取り出したあとも綴じていないから内容も見にくいし、この状態だと友達にも貸しにくいですよね。

部屋の中が封筒だらけだと見た目もちょっと悪いし、可愛くない!

ファスナークリップを使う

コンパクトなファスナークリップは、2つの穴に刺すだけなので綴じやすいのが魅力です。

綴じられる枚数が少ないので、大量のルーズリーフを保管したいときは不向きですが、一日分をまとめる分には最適。

その日の講義ごとに綴じておけば、部屋に帰ってからもまとめやすいので、一時保管として利用するのも手ですね。

プラスティッククリップを使う

数カ所を留めるタイプから、全部の穴を留めるものまで様々なタイプのあるプラスティッククリップは大学生に大人気です。

中には自分の好きな長さに切ることができるプラスティッククリップもあるので、自分好みの綴じ方ができるのが嬉しいですね。

しかし、綴じる枚数が少ないとプラスティッククリップの部分がかさばってしまい場所を取ることも。

きれいに本棚に立てにくいのでちょっと不便さを感じます。

リングファイルを使う

リングファイルは一番メジャーな方法ですが、リングファイルの値段が高くて何個も買えません。

かさばりますし、特に2つ穴タイプのものは何度と読み返すと穴が破けてしまいます。

私も見返しをし過ぎて穴が破けてしまい、破けた部分にパンチ穴を補強するシールを貼りました。

でも、見た目も悪いし穴からはみ出すから見返しもしにくくなります。

リングの数が多いとめんどくさいし、B5サイズのルーズリーフだと穴が合わないのも嫌なんだよね。

製本する

これはルーズリーフを本のように紐で綴じる方法です。

まとめた枚数=厚さなので一番コンパクトになります。

一見難しそうに見えますが、一度作り方を覚えてしまえば簡単。

家にあるものだけでできるので、わざわざ買い物に行かなくても良いのが嬉しいですね。

Sponsored Links

ルーズリーフを製本⁉周りと差をつける方法!!

ルーズリーフの製本の仕方を覚えれば、オリジナルノートだって作ることができます。
綴じられる枚数や表紙もあなた次第。

製本のやり方は言葉で説明するより動画を見た方がわかりやすいので載せておきますね。

引用 Youtube

いかがですか?
とっても簡単ですね。

動画だと用意するものを忘れてしまうので、念のため書いておきますね。

用意するものは3つ!!

  • タコ糸
  • ひも通し
  • 製本したいルーズリーフ

ひも通しが無ければセロハンテープで糸の端を補強すれば通しやすくなりますよ。

このやり方だと、いつもA4のルーズリーフを買っているのに今回はB5のルーズリーフを買ってしまったときも安心。

B5のリングファイルはなかなか見つけることができないし、A4のリングファイルだと両端が折れてしまいますよね。

サイズごとに製本すれば同じサイズで分けられるのでスマートで見やすいですよ。

糸をお気に入りのリボンに変えたり、表紙をマスキングテープやシールでデコレーションしたりアレンジができるのも魅力的。

背表紙にマスキングテープを貼って題名をつければ、本棚にしまった状態でも何のノートかわかりやすいですね。

家にあるものでできるので、お金がかからないのが出費を抑えたい大学生には嬉しい。

ぜひ試してみてください。

ルーズリーフが大学生にピッタリな3つの秘密

ルーズリーフをうまく活用すると狭い部屋でも収納スペースを最小限にできるって知ってました?

大学生になると学校の近くに住むためにアパートを借りたり、寮に入ったりで部屋が狭くなることが多いんです。

以前見たテレビでも激せまアパートに住む大学生が出てきてたね!!

そんな狭い部屋だと使いかけのノートや使い終わったノートがたくさんあると邪魔なうえに収納場所にも困りますよね。

しかも、アパートだと更新時期に引っ越しをする人が多いから、荷物は最小限に抑えたいところ。

引っ越しの荷物が少なければ、友達に手伝ってもらう程度で引っ越しだってできちゃいます。

だって引っ越し業者に頼むとなると、引っ越し業者を探して見積もりを取り、場合によっては高い料金を払わなければいけませんからね。

めんどくさいうえにお金もかかるんです。

つまり、荷物が少なければ引っ越し代の節約にもなるんです。

無駄なお金をかけずに引っ越せるのは嬉しいですよね!

そんな大学生のあなたにルーズリーフをおすすめしたいポイントは3つ。

  • 最低限の枚数でまとめられる
  • 見やすく清書できる
  • 電子ファイルで保存しやすい

ノートをやめてルーズリーフにすることで、部屋は広く使えるし引っ越しの時も荷物を減らせていいこと尽くめですね。

【最低限の枚数でまとめられる】ムダがない

ノートを使っていると書いていないページが残っていたり、残りが少なくてページいっぱいに記入したりしていませんか?

でもルーズリーフなら枚数の調節が簡単。
足りなかったら足せばいいので、ノートの終わりを気にすることはありません。

製本するときも1ヶ月毎や50枚になったらなど自分で決められます。

つまり、ノートより見やすい枚数で綴じられるのはもちろん、必要最低限のページでまとめられるんです。

講義ごとのノートを買うよりもルーズリーフを1つ買ったほうが、経済的にもスペース的にもお得だから、大学生にぴったり。

セットになっているノートは安いけど、全てをきれいに使い切れるわけではないですもんね。

【見やすく清書できる】勉強効率が上がる

きれいでわかりやすいノートを作るのって大変ですよね。

講義中は書くのに必死になり過ぎて丁寧に字を書いている時間がない!

そんなあなたにはルーズリーフがぴったりなんです。

講義中はメモ用紙として記入して部屋でゆっくりまとめることがルーズリーフならできちゃいます。

まとめる作業をすることで内容が頭に入ってきますし、内容ごとにまとめることもできるのは嬉しいですね。

しかもノートだと場所を取るし、ノートの端っこは書きにくい。

しかし、ルーズリーフならノートの半分のスペースで済みます。

机との段差がないので端っこまで記入しやすいのも魅力的。

次の講義まで時間があるからカフェでまとめよう。
なんてときもノートの半分のスペースでできるから、机の大きさを気にしなくて済みますね。

【電子ファイルで保存しやすい】お部屋広びろ

製本したのはいいけれど、たまりまくっちゃったルーズリーフは正直邪魔ですよね。

特に去年の講義のノートはほとんど使わないから邪魔です。

でも、もしかしたら見直すかもしれないし…捨ててしまうのは気が引けますよね。

そんなあなたにおすすめなのが、スマホアプリを使って電子ファイルにする方法です。

電子ファイルにするメリットは以下の3つ。

  • お部屋がスッキリ片付く
  • 見たいときに外出先でも見れる
  • 必要になればコピーが可能

スマホのカメラで写真を撮るとPDFファイルに変換してくれる便利なアプリもあり、文字のブレなども修正してくれる機能がついています。

App Store
‎Microsoft Lens: PDF Scanner ‎Microsoft Office Lens がホワイトボードやドキュメントを撮影した写真のトリミングや拡張を行い、読み取り可能なデータにします。 Microsoft Office Lens を使って、画...

わざわざコンビニに行ってスキャナーで読み取りをしなくてもOK。
無料版のアプリを使えばお金だっていりません。

この方法なら、ルーズリーフを捨ててしまっても電子ファイルで残るので安心ですね。

どうしても紙で必要になったときは、コンビニでいつでもコピーができるのが魅力的です。

しかもノートだとページによって紙が浮き上がり、影ができてしまうことありませんか?

ルーズリーフはノートと違い1枚ずつ撮影ができるので、きれいに撮りやすいんですよ。

まとめ

  • 記入前のルーズリーフはルーズリーフケース、バインダー、クリアファイルを使用することで取り出しやすくなる
  • 記入後のルーズリーフは封筒やクリップ、リングフィルを使用することで保管しやすくなる
  • 動画をみればお金をかけなくても、部屋にあるリボンやマスキングテープで手軽に製本できる
  • 基本の製本の仕方を覚えれば、写真やシールを貼って可愛い表紙のノートが出来ちゃう
  • 製本すればファイルやリングのデッドスペースがないから、無駄なスペースがなくなり小スペースで保管できる
  • ルーズリーフが溜まってきたら、アプリでPDFファイルにしてペーパーレス化できるから部屋が広くなる

ちょっとしたイライラをなくせば、ノートより確実に使いやすいルーズリーフは大学生にぴったりな文房具です。

100円均一にも売っているので、出費を抑えたいあなたも買いやすいですね。

これを機会にノートからルーズリーフに変えてみてはいかがですか?

Sponsored Links
share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる