セリアのボウルがプラスチックと思えない!!おすすめアイテム厳選紹介

Sponsored Links

キッチンにも食卓にも、日常に欠かせないアイテムの「ボウル」。

便利なボウルは頻繁に使う分、割ってしまう心配もありますが、プラスチック製のボウルなら気にせずどんどん使えます!

セリアには、プラスチック製のボウルが種類豊富にあります。見た目もプラスチックとは思えないクオリティです。

しかし、セリアはネットで調べてもまとまった商品紹介がありません。売り場でも、沢山の商品が並んでいるため、選ぶのに時間がかかってしまいます。

ボウルにも種類がありすぎて、どれがいいのか分からない…。

ボウル選びでお困りのあなたに、セリアのおすすめ厳選アイテムを機能性とともにご紹介します!

今回は、食卓で活躍するセリアのボウルを調査してきました。

これを読めば、もう売り場で迷うこともありません!

やったー♪

もくじ
Sponsored Links

セリアのボウルはプラスチックでもお洒落♪厳選7つ紹介

実際にセリアへ行って食卓用ボウルを調査してきました!

プラスチック製食器は、陶器製の食器類とは別の「キッチンコーナー」に陳列されていました。

大小さまざまなボウルが並んでいましたが、その中から7つのおすすめをご紹介します。

【中】サイズ
【大】サイズ

【PSボウル】ガラスのような質感がお洒落な小ボウル

こちらのボウルは、ガラスのような質感で、でこぼことしたお洒落なデザインが特徴です。

PSボウルは、清涼感のある見た目で、フルーツや冷たいデザートを盛るのにおすすめですよ♪

実物にはややプラスチック感がありますが、写真では本物のガラスと区別がつかないほどの透明感があります。

ガラス食器は、割れる心配もあるので、なかなか手軽に使えません。

しかし、ゼリーなど清涼感のある食べ物は、ガラス食器に入れた方が見た目も美味しそうに見えますよね。

セリアのPSボウルは、プラスチック製で割れる心配もないので、じゃんじゃん使うことができます。

食材にあった食器を手軽に使えるのは嬉しいですね。

透明感あふれる美味しそうな写真が撮れるので、キレイに盛り付けて撮影も楽しめそうです♪

【オーロラボウル】サラダやフルーツの盛り付けに

こちらのオーロラボウルは、スタイリッシュなデザインが特徴のガラス風ボウルです。大きさは、片手で持てるほどの小ボウルです。

オーロラボウルは、シンプルなデザインで、フルーツやサラダを盛ると食材が引き立ちます。

いくつかまとめて買っておけば、料理や食材を小分けにする際、役立ちそうです!

【スピカボウル】クリアで涼しげな大皿

こちらは、直径約18㎝のガラス風ボウルです。高さは4㎝ほどで、やや浅いつくりとなっています。

スピカボウルは、大皿としておかずを盛り付けても、ワンプレートとして一人前を盛り付けても、見た目が華やかになります。

このスピカボウルを使えば、見た目が茶色い揚げ物も、カラフルな野菜と一緒に盛り付けることで、食卓を彩ってくれそうです♪

【ホーロー風ボウル】つややかで高級感あり

「ホーロー」とは、鉄やアルミニウムなどの金属材料表面にガラス質を高温で焼き付けたものです。

英語では、「エナメル」と言われるそうですが、こちらの方が聞き馴染みがあるかもしれません。

ホーローは、鉄の強さとガラスの美しさを合わせ持つのが特徴です。

ホーローの質感を再現したホーロー風ボウルは、ホーローらしい「つや」が魅力です!

見た目も110円とは思えない高級感がありますよね。

本物のホーローは、水分や塩分が残ったまま放置しておくとサビが生じてしまうこともあるようですが、プラスチックなら心配ありません。

ボウル以外のかたちも置いてあったので、シリーズで集めて統一感を出すのもよさそうです♪

【SAIボウル】お洒落で深さがしっかりある

こちらのSAIボウルは、上記のホーロー風食器のひとつです。

シンプルで、縁の青いラインがお洒落ですね♪深さもしっかりあるので、食材を入れやすいのも嬉しいポイントです。

SAIボウルは、お洒落な見た目と使いやすさから、セリアの商品ではかなり人気が高いようです!

こちらのSAIボウルは、シリーズとして「SAI プレートLホワイト」という商品もあります。

ホーロー風食器は揃えやすいので、シンプルでまとまったテーブルコーデが叶えられそうですね♪

【Folio】シンプルかつ高級感のある白

こちらの「Folio」シリーズは、とてもシンプルかつ高級感のある白色が特徴です。

ボウルとして、大きさや深さに種類があるので、用途による使い分けに便利ですね。

Folioは、デザインがとてもシンプルなので、どんな料理にも合いそうです!

とにかく使いやすいので、まとめ買いするのがおすすめです。

【honoca】柔らかな色で和食にピッタリ

こちらの「honoca」は、セリアの和食器風シリーズです。

プラスチック製の和食器は、なかなか珍しいですよね。

honocaは、シンプルかつ柔らかな色合いなので、飽きずに使うことができます。

この「honoca」シリーズは、小鉢・茶碗・どんぶり・大皿の4種類があるそうです。色も白と黒の2色展開があるそうですよ。

私が売り場を探した時は見つかりませんでしたが、ぜひ探してみてください。

Sponsored Links

ボウルが収納にも便利!時短できて冷蔵庫もスッキリ♪

セリアには、ご紹介した厳選7つのボウル以外にも、機能的で便利なボウルがあります。

セリアの「そのまま食卓ボウル」は、食卓に出してそのまま冷蔵庫へ収納できるのです!

こちらの「そのまま食卓ボウル」も、プラスチック製食器売り場で見つけました。

そのまま食卓ボウルは、ボウルとしてもタッパーとしても使用できるすぐれものです。

商品の表示にあるように、「洗い物を減らして時短家事」が叶います!

食卓に出して、余ったおかずはいつもどのように保存していますか?

別の容器(タッパーなど)に移し替えるか、お皿にラップをかけて冷蔵庫にしまいますよね。

これでは、洗い物が増えたり、冷蔵庫がごちゃごちゃしてしまったりと大変です。

「そのまま食卓ボウル」は、その名の通り、そのまま食卓に出すことも、そのまま保存することもできます。

そのまま食卓ボウルはレンジ対応なので、保存した後にレンジで温めてそのまま食卓に出すことも可能です

さらに、重ねて置くことができるので、冷蔵庫の収納にも役立ちますよ。

こちらは売り場の写真ですが、たくさん重ねて置かれていてもスッキリした印象がありますよね。

そのまま食卓ボウルは、収納する際も安定して置くことができるので安心です。

種類は、小、大、深型小、深型、角大の6種類が置いてありました。

色は、ホワイト、ネイビー、レッドの3色展開です。

大きさや色を統一すれば、冷蔵庫へ収納した際にも見た目が整いますね。

家事の時短にも、冷蔵庫の収納にも、ぜひ役立ててみてください。

ボウルはレンジで温めOK?機能性もしっかりチェック!

ボウルを選ぶとき、レンジ対応かどうかはとっても重要なポイントですよね!

ボウルは、プラスチック製でもレンジに対応しているものが多い中、対応していないものもあります。

これ、レンジで使えないの!?

せっかく買ったのに、いざレンジで温めようと思って使えなかったらショックですよね。ボウルを買うときは、しっかり表示を見て選びましょう!

ボウルには「レンジ対応」のほかにも、食器洗浄機や乾燥機に対応しているかなどの機能性表示が書かれています。

見た目も大事ですが、機能性にも注意して選ぶとより便利に使うことができますよ♪

ご紹介してきたボウルも、機能性はさまざまです。それぞれの機能性を表にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
ボウル種類レンジオーブン食器洗浄機
食器乾燥機
直火熱湯冷蔵庫耐熱温度
耐冷温度
PSボウル××××××80℃
-10℃
オーロラ
ボウル
××××××90℃
スピカボウル××××××90℃
ホーロー風
ボウル
××140℃
-20℃
SAIボウル××140℃
-20℃
Folio××140℃
-20℃
honoca××140℃
そのまま食卓ボウル××× 140℃
-20℃

ガラス風ボウルは、レンジや食洗器等に対応していませんね。

一方で、その他の4点は、レンジや食洗器に加えて、高温や低温にも強いつくりになっています。

選ぶ際には、これらの特徴にも注意してみていきましょう。

まとめ

  • セリアの「PSボウル」「オーロラボウル」「スピカボウル」は、プラスチック製と思えない透明感のあるガラス風ボウルでおすすめ
  • セリアの「ホーロー風ボウル」「SAIボウル」「Folio」「honoca」は、プラスチック製と思えない高級感とお洒落さのあるボウルでおすすめ
  • 「そのまま食卓ボウル」は、洗い物を減らして家事時短を叶えてくれるうえに、冷蔵庫の収納にも役立つすぐれもの
  • ボウルには、レンジ対応などの機能性に違いがあるので、表示を確認することが大事

セリアのボウルには種類が沢山ありますね。ご紹介した以外にも、売り場にはさまざまな種類の食器類が並んでいます。

売り場で困った際は、この記事を参考にしてみてください。

お洒落なプラスチックボウルをどんどん使って、食卓を彩っていきましょう♪

Sponsored Links
share♪
もくじ
閉じる