MENU
\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

テーブルクロスは敷くか敷かないか?判断基準と選び方や洗い方も解説!

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

ダイニングテーブルを購入予定で、おしゃれなテーブルクロスを敷くか敷かないか迷うわ。

購入のタイミングで、テーブルクロスを検討する方はいらっしゃるでしょうね。

おしゃれを重視するのであれば、敷かない方が良いでしょう。

柄物のテーブルクロスは、センスやシチュエーションを問われますのでおすすめできません。

私は、ダイニングテーブルを傷つけたくないから、テーブルクロスを敷くか考えていたの…。

大事なテーブルへの傷や汚れが気になるなら、頑丈なテーブルクロスに頑張ってもらいましょう!

そのためにも「撥水性」や「耐久性」が高い、ビニールのテーブルクロスを敷くことをおすすめします。

本記事では、テーブルクロスは敷くか敷かないかどちらが良いのか、判断基準や選び方、洗い方まで解説していきます。

もくじ
Sponsored Links

テーブルクロスは敷く敷かない?各4つのポイントで考察

テーブルクロスは敷くか敷かないかどっちが良いニャ?
柄物は避けた方が良いニャ?

柄物のテーブルクロスはセンスやシチュエーションによって「合う合わない」が生じてしまうのでおすすめできません。

料理の印象まで左右してしまうんです。

テーブルクロスを敷くか敷かないかの判断基準として、メリットとデメリットから考察してみましょう。

メリット
デメリット
  • 見栄えが良くなる
  • 汚れや傷防止になる
  • 食器類を置く音が軽減する
  • よりテーブルを守るための性能
  • 柄物は組み合わせによってダサく感じる可能性がある
  • 頑固な汚れや傷は残る
  • テーブルクロスの種類によってはズレたり浮いたりして格好悪い
  • 大きめで下に垂らすテーブルクロスだと危険!

テーブルクロスを敷くことで、大事なテーブルを保護することが1番の目的です。

テーブルを守るための性能は様々あり、見栄えが良くなることは大きな利点となるでしょう。

テーブルクロスを敷くか敷かないか判断するためにも、メリットやデメリットを詳しく解説していきます。

【メリット4選】テーブルを守って見栄えよし!

【1】見栄えが良くなる

テーブルクロスは、デザインの組み合わせによって、おしゃれに見えます。

しかし、センスが問われるので、透明なビニールのテーブルクロスが無難!

透明なビニールのテーブルクロスを敷くと清潔感があります

光沢が出て、綺麗なダイニングテーブルになるので見栄えが良いです。

【2】汚れや傷防止になる

お気に入りのテーブルに目立つ汚れや傷ができたらショックですよね。

テーブルクロスを敷くことで、大事なテーブルが守られます。

しかし、目立つ汚れや傷が出来たらテーブルクロスの買い替えを検討しましょう。

【3】食器類を置く音が軽減する

テーブルに食器類を置くときにカチャカチャ音がしますが、テーブルクロスを敷くことでカチャカチャ音が軽減されます。

テーブルクロスを敷くと物が直接テーブルに触れないので、物を置くときの音の軽減と共に小傷防止にも役立ちますよ。

【4】よりテーブルを守るための性能

テーブルクロスの多くが、ダイニングテーブルで使用されるでしょう。
ダイニングテーブルは飲食をする場所。

使用する場所や家庭環境に合わせて、テーブルクロスの性能に着目しましょう。

素材自体の特色もありますが、加工されているテーブルクロスも多いです。

加工されているテーブルクロスで、主な種類を7つ紹介しますね。

テーブルクロスの主な性能
  • 抗菌
  • 防臭
  • 耐熱
  • 撥水
  • ズレ防止
  • 静電気防止加工
  • ベタつき防止加工

テーブルを快適に使うためにも、値段やデザインだけでなく、性能は注目するべきポイントです!

【デメリット4選】柄物や大きなサイズは控えるべき!

【1】柄物は組み合わせによってダサく感じる可能性がある

部屋の中でダイニングテーブルの存在感は意外とあります。

気に入ったテーブルクロスを敷くのも良いのですが、組み合わせによっては残念な結果に。

ダイニングテーブルは料理によっても雰囲気が変わるので、柄物のテーブルクロスはおすすめできません。

【2】頑固な汚れや傷は残る

食べこぼしなどの汚れがあったら、すぐに拭いて汚れを落としましょう。

種類によっては洗濯できるテーブルクロスもあります。
当然ながら頑固な汚れや傷は残ってしまいます。

もし汚れや傷が残っても、テーブルクロスを買い替えるだけで済むから本望なんだニャ!

テーブルクロスを敷かないと、直接テーブルに汚れや傷が残りますからね。
考え方によっては「テーブルクロスのおかげ」。

テーブルクロスを長く使えるように、できるだけ汚れや傷が残らないように配慮は必要です。

【3】テーブルクロスの種類によってはズレたり浮いたりして格好悪い

「値段」や「デザイン」だけでなく、性能も考慮しましょう。

布製などでも、ズレ防止の性能があるテーブルクロスがあります。

ビニールのテーブルクロスは、薄いものだと浮きますので注意してくださいね。

【4】大きめで下に垂らすテーブルクロスだと危険!

テーブルクロスの長さによっては、手や膝などに引っかけてテーブル上の食器を倒したり落としたりする危険性があります。

小さい子供がいる家庭だと特に危険なので、大きめのテーブルクロスは敷かない方が良いでしょう。

子供が遊び感覚でテーブルクロスを引っ張って、落としてしまうことに…。

Sponsored Links

テーブルクロスを敷くならビニール!6つの性質や選び方

大事なテーブルを守るためには、長く活躍してもらえるテーブルクロスが必要です。

どんなテーブルクロスを敷くと良いのかわからないなぁ。

テーブルクロスは頻繁に購入するものじゃないので、選び方に悩むのも当然!

テーブルクロスに長く活躍してもらうには、撥水性(はっすいせい)や耐久性があり、お手入れが簡単なビニールのテーブルクロスがおすすめです。

ビニールのテーブルクロスの特徴を踏まえた上で、選び方のポイントは3つあります!

  1. センスやシチュエーションを問わない透明なビニール
  2. 2mm以上の厚さがある
  3. 「耐熱」「抗菌」の性能

テーブルの種類によっては、ビニールのテーブルクロスがNGなケースもあります。

参考…【NGテーブル】天然木は通気性が良いテーブルクロスを!

大事なテーブルを守るためにという思いも残念な結果になっては、元も子もありません。

ビニールのテーブルクロスの性質や選び方、NGテーブルについても紹介していきますね。

【6つの性質】撥水性があってお手入れ簡単!熱は大敵!

ビニールのテーブルクロスの性質を6つ紹介します。

6つの性質
  • 撥水性(はっすいせい)や耐久性がある
  • 厚さが2mm以上あるとズレにくい
  • テーブルに物を置くときの音や衝撃が緩和される
  • 汚れを弾くから手入れが簡単
  • 熱に弱い
  • 特殊な塗装をしているテーブルや天然木のテーブルへの使用はNG

ビニールのテーブルクロスで、特に気をつけるべき点は「熱に弱い」ことです。

耐熱加工しているビニールのテーブルクロスも多いですが、高温のものを置く場合は鍋置きを活用してください。

ビニールのテーブルクロスは撥水性があるので、食べ物や飲み物をこぼしても、拭くだけで汚れが取れることが多いです。

【選び方】透明なビニールで厚さと性能に着目!

ビニールのテーブルクロスを買いたいんだけど、気を付けるべきポイントを教えてニャ!

選び方のポイントは3つありますので、それぞれ解説していきますね。

【ポイント1】センスやシチュエーションを問わない透明なビニール

食卓で使用するなら、柄物のテーブルクロスは、あまりおすすめできません。

案外存在感のあるダイニングテーブル。
部屋に合わせてデザインを選ぶことは結構大変なものなんです。

デザインによっては、料理の印象も大きく変わります。

透明なビニールのテーブルクロスを敷くことをおすすめします。

【ポイント2】2mm以上の厚さがある

厚さが薄いビニールのテーブルクロスは、ズレやすくなる上、敷くときに気泡が入りやすいです。

2mm以上の厚さがあるテーブルクロスは安定感があってズレにくいです。

あまり厚さがあると重くなって扱いが大変ですので「厚めであればあるほど良い!」とはなりませんのでご注意を!

ビニールのテーブルクロスの厚さは2mm〜3mmがおすすめ!

【ポイント3】「耐熱」「抗菌」の性能

テーブルクロスはダイニングテーブルに使うことが多いでしょう。

ダイニングテーブルに使用するなら「耐熱」「抗菌」の性能は必須!

耐熱のビニールのテーブルクロスでも、耐熱温度は最高で60℃なので、高温の鍋などを置く場合は鍋置きを活用してくださいね。

補足で注意点!!

テーブルクロスは、購入時に設置予定のテーブルのサイズにカットしてもらいましょう!

テーブル上の食器類を落とす原因になりかねません。

テーブルクロスはテーブルからはみ出ないサイズがおすすめです!

引っかけていっぱい食器を落としそう!

【NGテーブル】特殊塗装のテーブルは通気性が大事!

テーブルの種類によっては、ビニールのテーブルクロスを敷くことができません。

ビニールのテーブルクロスがNGな判断基準は塗装の種類です。

塗装とかわかんないよ!どんなテーブルがNGなの?

天然木を使ったテーブルやアンティークテーブルは特殊な塗装をしている可能性が高いため、ビニールのテーブルクロスがNGなケースが多いです。

テーブル購入時に、テーブルクロスについても相談しておくと間違い無いですね!

特殊な塗装をしていると、テーブルとテーブルクロスの間に湿気がこもり、張り付いて塗装が剥がれる原因に!

天然木を使ったテーブルやアンティークテーブルで、傷や汚れを防止するためにはガラスの方が良いですよ。

特殊な塗装をしているテーブルだと、ガラス天板のほか、通気性のあるコットンやリネンなどのテーブルクロスが使用できます。

テーブルクロスを敷くときの洗い方やお手入れを紹介!

テーブルクロスを敷くなら、長く使うためにも洗い方やお手入れに配慮したいものです。

テーブルクロスの洗い方って、なんだか大変そう!

ビニールのテーブルクロスだったら、こまめに拭くだけでも汚れは残りにくいですよ。

こまめにだったら、1日1回くらい拭いたら良いのかな?

食事のたびに拭きましょう。
ビニールのテーブルクロスを敷くなら、汚れを放置しないことが大事です。

汚れたばかりだったらすぐ取れることが多いですが、放置すると「しみ」や「頑固な汚れ」として残ってしまいます。

すぐに拭いても汚れが落ちなかったら簡単3ステップで解決しましょう!

洗い方3ステップ
  1. 水拭きする
  2. 中性洗剤を使用する
  3. アルコールやエタノールを使用する

前の章にて、ビニールのテーブルクロスを敷くことをおすすめしましたので、ビニール製の洗い方やお手入れ方法を紹介していきます。

洗い方は簡単3ステップ!注意点も4つ紹介

【1】で汚れが落ちなかったら【2】と、上から順番に試してくださいね♪

STEP
水拭きする

ビニールのテーブルクロスは、汚れてすぐだと水拭きだけできれいに落とせます。

汚れたときの洗い方は、これだけで十分なことが多いです。

STEP
中性洗剤を使用する

水拭きだけで汚れが落ちなかったら、台所で使う中性洗剤を水で薄めて拭きましょう。

STEP
アルコールやエタノールを使用する

頑固な油汚れや油性ペン、手垢などの汚れは、アルコールもしくはエタノールをつけて表面を拭くと効果が期待できます。

3ステップでほとんどの汚れは落とせるはずです。
ビニールのテーブルクロスの洗い方で、注意するべき点があるので4つ紹介します。

注意点!!
  • ビニールのテーブルクロスの耐熱温度は最高でも60℃なため、熱湯を使用しない。
  • 除光液はビニールを溶かしてしまうので使用不可。
  • ビニールを傷つけてしまうので、研磨効果の高いスポンジを使ったり強く擦ったりしない。
  • 水垢やしみになるので、水滴が残っていたら乾拭きをする。

汚れに反応して熱湯ドバーン!はダメか!

「汚れにはお湯!」ってイメージありますよね。

ついついやっちゃいそうですけど、熱湯はビニールにとって大敵なので、水かぬるま湯で拭きましょうね。

お手入れ法は普段からこまめに拭いて清潔感を保つこと

ビニールのテーブルクロスのお手入れ方法
  • 食事のたびに拭いて、テーブルクロスの表面をきれいな状態にする。
  • 汚れたら、その都度水拭きで清潔感を保つ。
  • 定期的にテーブルから取り外す。

ビニールのテーブルクロスは性質上、長期間テーブルに置き続けることで張り付いてしまいます。

長期間テーブルに敷くと、塗料が付着して汚くなるなんてことも…。

ビニールのテーブルクロスは、定期的にテーブルから剥がして、テーブルもテーブルクロスも乾拭きしましょう。

定期的って、どのくらいの頻度でテーブルから取り外したら良いの?

1週間に1回が理想と言われています。

1週間に1回は面倒くさいわ!
そんなにできないよぉ!

中々難しいですよね。
面倒だからと何もしないわけにはいかないので、1ヶ月に1回程度を目標にやってみてみましょう!

テーブルクロスを敷くなら、汚れが残っていないか、いつも以上にチェックしましょう。

まとめ

  • テーブルクロスのメリットは「汚れや傷防止」「見栄えが良い」「物を置く音が軽減」「よりテーブルを守るための性能」
  • テーブルクロスの回避できないデメリットは、頑固な汚れや傷は残ること
  • ビニールのテーブルクロスは撥水性や耐久性があるので長く使いやすい
  • 柄物のテーブルクロスはセンスやシチュエーションを問われるため、透明なビニールのテーブルクロスがおすすめ
  • ビニールのテーブルクロスは、汚れたらその都度水拭きで清潔感を保つことが大事
  • 水拭きで汚れが落ちない場合は「中性洗剤」を使用し、それでも汚れが落ちなかったら「アルコール」や「エタノール」を使用する

「抗菌」「防臭」「静電気防止加工」などの加工がされているテーブルクロスが多くあります。

ダイニングテーブルで使用することが多いテーブルクロス。

テーブルクロスを長く使えるように、目的に合わせて性能も考慮しましょう。

1番の目的は「大事なテーブルを守ること」。
長く使うためにも、こまめに拭いて、清潔感を保ちましょう。

Sponsored Links
share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ