MENU

USBメモリの保管方法は複製が重要!専用ケースでデータ消失を回避!

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

持ち運びに便利なUSBメモリ。使い方もパソコンに差すだけという手軽さ!

ついついデータの保存をUSBメモリだけに頼ってしまいがちですが、実はその保管方法はデータ消失の危険があります。

データの保管場所は、USBメモリ1つだけじゃだめなの!?

一時的な記録媒体であるUSBメモリは必ず別の保管場所にバックアップをとると共に、紛失を避けるために専用のケースに入れて持ち歩きましょう。

今回はUSBメモリの特徴と、データ消失を回避するための正しい保管方法を分かりやすくまとめました。

記事の後半ではデータの長期保存にはUSBメモリが向かず、光ディスクが適していること、USBメモリには寿命があることの説明をしています。

USBメモリについて理解を深め、正しい保管方法で大切なデータを守りましょう。

もくじ
Sponsored Links

USBメモリの保管方法はバックアップとケースが必須!

あなたは大切なデータをUSBメモリに保存しただけで、満足していませんか?

USBメモリはたくさんのメリットがあるため、多くの方がデータの保存方法に使っているメディア(=記憶媒体)です。

usbメモリのメリット
  • 小さいので持ち運びに便利
  • たくさんのデータを保存できる
  • 機器に差し込むだけなので簡単
  • 衝撃に強い
  • コンビニでも買える
  • 低価格で買える

しかし、USBメモリは「簡易的な記憶媒体」です。

一時的なデータ保管場所なので、メインのデータ保管場所を別に用意し、バックアップをとっておく必要があります。

バックアップとは

データを複製し、問題が発生した時に復旧できるように備えること

また、本体紛失や衝撃によるデータ破損を防ぐため、USBメモリはそのまま持ち歩かず、専用ケースに保管することをおすすめします。

【バックアップ】データ消失に備える

便利で簡単だから、仕事の資料はUSBメモリに保管しているの

あれ?データがない!

USBメモリは精密機械なので、様々な要因で突然データが消失してしまう恐れがあります。

【データ消失の一例】

  • 何度も書き込みと消去を行う
  • 作業中にUSBメモリを抜き取ってしまう
  • 停電してデータが破損した
  • 長期間USBメモリを放置していた

そのため、USBメモリ内のデータが消失しても復元できるように、必ずバックアップをとることが必要です。

どこにバックアップをとればいいの?

バックアップデータの保管には、主に2つの方法が使われます。

  1. USBメモリ以外のメディアにバックアップをとる
  2. クラウドストレージを利用する

最近のパソコンは、自動でデータを保存してくれるバックアップ機能がありますが、念のため手動でこれらの方法を行うと安心です。

1.USBメモリ以外のメディアにバックアップをとる

メディア(=記憶媒体)はUSBメモリ以外にも種類があります。代表的なものは以下の通りです。

スクロールできます
メディア種類特徴
光ディスクCD-R、RW
DVD-R、RW
BD-R、RW
・パソコンのドライブに挿入し利用する
・Rは1度だけ、RWは何度も書き込める
・記憶の書き込みにレーザー光を利用している
フラッシュメモリUSBメモリ
SD/SDHC/SDXC
・USBメモリは端子に差し込むだけで利用できる
・SDカード系は挿入するスロットがついていない機器がある
・高速に書き込み・消去できる
外付けハードディスクポータブル型
据え置き型
・機器とハードディスクを端子で接続して利用する
・容量が大きく、多くのファイルを記録できる
・価格が高い

データの保管場所は1つ2つでは心もとないので、いくつかのメディアに保存しておきましょう。

ドライブとは

データを入れる作業や、入っているデータを取り出す作業を行ってくれる機械のこと

2.クラウドストレージを利用する

クラウドストレージとは、インターネット上に設置されたデータの格納庫です。

オンラインストレージ、オンラインファイルサーバーとも呼ばれています。

クラウドストレージはUSBメモリなどのメディアを使用しなくても、データの保存ができることが特徴です。

よく使われているクラウドストレージのサービスは、以下の3つです(2022年4月現在)。

サービス名無料容量
Dropbox2GB
One Drive5GB
Googleドライブ15GB(GmailやGoogle Photoの容量も含む)
サービス名をクリックすると各公式サイトへ移動します

個人向けのサービスが多かったクラウドストレージですが、最近では企業向けのビジネス版も登場しています。

リモートワークやテレワークが増えてきている今、クラウドストレージのニーズは高まっています。

クラウドストレージのメリット
  • 複数人が同じフォルダにアクセスできる
  • 文字化けせず、ダウンロード期限がなく、アップロードが早い
  • オンラインならどこにいてもパソコン、スマホ、タブレットなどでデータを取り出せる

同時に情報を共有できるから、オンラインミーティングで大活躍!

ただ、オフラインの時やサービス提供会社に問題が発生した場合は利用できません。

大事なデータは、オフライン時でも使用できるUSBなどのメディアにも保管しておく必要があります。

【紛失や衝撃防止】専用のケースに入れる

本体自体の紛失や衝撃を防ぐために、専用の入れ物を用意することも必要です。

100均のセリアに専用ケースがあると聞き探してましたが、残念ながら私の近所の店舗にはありませんでした。

ならば、他の100均はどうだ?とダイソー、キャンドゥも回ってみましたが、置いてなく…。

どうやら USBメモリの専用ケースは置いてある店舗とない店舗があるみたいです。

確実にケースを手に入れるには、オンラインショップを利用するといいですね。

これから紹介する2つの商品は、オンラインショップで入手できるUSBメモリの専用ケースです。

ケースを用意しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

衝撃緩和にはクッション性のある素材のケース

share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる