MENU
\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

ゼンリーの代替アプリ3つを比較!機能やいつまで使えるのかも解説

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

10代を中心に人気な「ゼンリー」。

2022年9月に、ゼンリーの日本向けTwitterアカウントから、ゼンリーのサービス終了を思わせる投稿がありました。

いつでも友達や恋人と位置情報の共有ができ、なんとなく合流するにも便利なゼンリーが使えなくなったら困っちゃいますよね。

いつゼンリーがサービス終了しても大丈夫なように、代替アプリをリサーチしておきましょう!

おすすめのゼンリー代替アプリやおすすめアプリは次の4つ!

  1. Life360
  2. iシェアリング
  3. Googleマップ
  4. Snapchat

ゼンリーの代替アプリを探すための参考として、ゼンリーの機能やメリット・デメリットもご紹介します!

さらには、ゼンリーのサービス終了時期や理由についても解説しています。

もくじ
Sponsored Links

ゼンリー代替アプリ3選!機能の比較や詳細も紹介

いろいろ種類のある位置情報共有アプリから、ゼンリーの機能に近い代替アプリ3つとおすすめアプリ1つをご紹介します。

代替アプリ3つ
  1. Life360
  2. iシェアリング
  3. Googleマップ
おすすめアプリ
  1. Snapchat

ゼンリー代替アプリの主な機能を表で比較したので、ぜひ参考にしてください!

ゼンリー代替アプリおすすめ3つを比較

ゼンリーとおすすめ代替アプリ3つを比較してみました!

スクロールできます
料金GPS精度リアルタイム位置情報全体に共有OFF個人別に共有OFF移動の速さ滞在時間チャット履歴ナビ緊急時簡単に通知
ゼンリー無料
Life360無料
(有料プラン月額450円)

サークル別なら可能

車や公共交通
機関のみ
iシェアリング無料
(有料プラン月額880円)

ドライブレポート機能使用時

長時間滞在後、移動すると通知
×
Googleマップ無料
(Googleアカウントが必要)

共有するための操作を行った時のみ

ナビ中は到着時間を共有
××××

無料で乗り切るためには、それぞれの位置情報共有アプリの良いとこどりもアリかも!

【Life360】道案内もしてくれる

引用 App Store

ゼンリーの代替アプリとして「Life360」をおすすめする理由は、ゼンリーの機能にとっても近いから!

Life360は子供見守り用アプリとして、家族同士でサークルを作成し現在地を共有することが本来の目的です。

Life360のサークルは完全招待制で、家族だけではなく、もちろん友達とも繋がれる!

メンバーの位置を地図上で確認でき、特定の地点に付いたら通知を受けることもできます。

他にも、チャットだけでも利用することができる、スマホ紛失時に追跡・監視ができる、緊急通知などの機能も!

また、位置情報を共有している相手をマップ上でタップするだけで、道案内をしてくれます。

ただし、Life360はサークル内の個別に共有をOFFにすることができないので注意です。

家族同士の利用を想定しているからかもしれません。

加えて、無料では到着や出発を通知する場所を、2か所しか登録できないのが欠点です。

有料プランは、月額450円または年額4,500円。

【iシェアリング】ロケーション履歴も見れる

引用 App Store

ゼンリーのおすすめ代替アプリ2つ目は、「iシェアリング」です!

iシェアリングもゼンリーの機能と似ていて、位置情報の共有はもちろんチャットもできます。

加えて、個別に位置情報共有をOFFにもできるので安心。

iシェアリングの1番の欠点は、無料版では登録できる友達が1人だけということです。

有料プランは、月額880円または年額7,600円。
iシェアリングの有料プランに登録すると、友達登録は無制限となります!

加えて、位置情報を3Dのストリートビューで共有できたり、共有相手の過去30日間のロケーション履歴も見たりすることができます。

【Googleマップ】到着までの時間もわかる

引用 App Store

Googleマップは他の位置情報共有アプリのように、ピンポイントでお互いの位置情報を知りたいときにおすすめ。

Googleマップは、常にリアルタイムで位置情報を共有して繋がりたい場合にはあまり向いていません。

位置情報の正確性は、他のアプリと比べてGoogleマップがダントツに良い!

位置情報を共有するためには、Googleアカウントにログインして、「現在地の共有」機能を使用します。

Googleマップで位置情報とナビを共有すると、相手の目的地や到着予定時間がわかります。

番外編【Snapchat】位置情報付きの写真や動画を共有

引用 App Store

Snapchatは、ゼンリーと同じSnap社が手掛けるSNSアプリです。

Snapchatでは、写真や動画を登録した友達やグループに、位置情報と紐づけして共有することができます。

Snapchatの特徴は、投稿を1~10秒で消えるように設定ができること!

他者の評価をあまり気にせず気軽に共有できちゃいます。

公開の範囲は任意に設定できるので、グループに一時的に写真や動画を共有したいときおすすめです。

Sponsored Links

ゼンリーはいつまで使えるか未定!終了時期や理由解説

ゼンリーをいつまで使えるのかは、公式発表されておらず不明です。

一度は、ゼンリーの日本向けTwitterアカウントでサービス終了の案内があったので、いつ終了しても良いように代替アプリを探した方が良さそうです。

Snap社がゼンリーのサービスを終了する理由は、業績の悪化によるもの。

ここでは、ゼンリーのサービス終了について解説していきます。

アプリ終了時期は公式発表待ち

ゼンリーをいつまで使えるのかは、2022年10月6日時点では不明です。

ゼンリーの日本向けTwitterアカウントでは、2022年9月1日に「数か月後に提供を終了」という内容の投稿がありました。

しかし、その投稿は削除され、「現在も通常どおりご利用いただける状況で、お別れするまでまだ時間があります」と新たに投稿。

引用 Twitter

その後は、サービス終了時期について追加の発表はないので、いつまで使えるのかわかりません。

いつまでゼンリーを使えるかわからないので、今のうちに代替アプリを探しておくことをおすすめします!

終了理由はゼンリーがリストラされるから

ゼンリーがサービス終了する理由は、運営会社でゼンリーがリストラされるからです。

運営会社であるSnap社は、業績の悪化を理由に社内のビジネスの再構築をします。

再構築により、投資を廃止された分野にゼンリーが含まれるので、サービスが終了する予定となっています。

従業員も約20%削減する予定らしい…。

ゼンリーとは?6つの機能やメリットとデメリットを紹介

引用 App Store

ゼンリーとは、自分だけのオリジナル地図を作れるアプリ!

GPSにより、あなたの今いる場所を友達や恋人とリアルタイムに共有できます。

ここでは、6つの機能とメリット・デメリットに着目して、ゼンリーとはどんなアプリか詳しく解説していきます!

【機能1】友達や恋人の今を知る

ゼンリーでは位置情報をリアルタイムに共有できるので、お互いの今いる場所・滞在時間・移動速度が連絡しなくてもわかる!

携帯の充電具合も表示されたり、寝ているのか起きたのかを通知機能もあったりと、相手の今をずっと知ることができます。

【機能2】あなただけの地図を作る

位置情報を共有している相手が、どこにいるのかどこに行こうとしているのかが表示されるゼンリーは、あなただけの地図です!

また、あなたが訪れた場所を地図上に記録することで、さらにオリジナルマップとなります。

【機能3】チャット機能も充実

ゼンリーは、絵文字やエフェクトなどオリジナルにカスタマイズできるチャット機能が充実しています。

ゼンリーの中だけで、日々のやりとりを完結させることもできますね!

【機能4】どこに行ったか記録する

ゼンリーのプロフィールを公開に設定すると、あなたの地図をゼンリー利用者に公開することができます。

逆に、公開されているプロフィールから、人気スポットやあなたがまだ知らない場所も知ることができます!

【機能5】気になる場所を検索

ゼンリーでは、位置情報を共有している相手の場所や住所・スポットを検索して、道案内してもらうことができます。

歩きや自転車などの移動手段や、一部の都市部では公共交通機関や鉄道情報も見ることができるんです。

【機能6】仲間を集める

「バンプ機能」を利用して、共通の友人にあなたと友達が一緒にいることを知らせることができます!

バンプ機能は、ゼンリー利用者同士が実際に合流して、スマホを軽くぶつけるかシェイクすることで発動します。

ゼンリーのメリットとデメリット

メリット
  • ゼンリーがあればいつ何時でも繋がれる。
  • 今どこにいるの?の連絡が不要になり、文章で連絡を取らなくても待ち合わせできる。
  • 滞在時間を確認すれば、自宅にずっといるのか、バイトなのか聞かなくても状況がわかる。
  • スマホをなくしたら、ゼンリーを使って友達に探してもらえる。
デメリット
  • いつも繋がっているので、誘いを断るためのうそをつけない。
  • 電池残量や電車に乗っているのかどうかもわかるので、電話に出られない理由もうそがつけない。
  • いつも友達と繋がっていることを意識しなければいけない。
  • 位置情報をオフにしても、オフにしていることはバレる。
  • ストーカーなどのリスクも考えられる。

共有する相手を選び、依存しすぎないように良いところを上手に活用したいですね。

まとめ

  • ゼンリーの機能に近い代替アプリはLife360とiシェアリング。リアルタイムの位置情報共有やチャットなど無料で使用できる。
  • GPS精度が高い位置情報共有アプリはGoogleマップ。常時共有して繋がることには向いていないが、ピンポイント使用におすすめ。
  • ゼンリーのサービス終了時期は公式発表待ちで不明。
  • ゼンリーのサービス終了理由は、運営会社の業績悪化による事業のリストラ。
  • ゼンリーの主な機能は、相手の今を知れる・あなただけの地図を作れる・チャットが充実・記録・場所を検索・仲間を集める。
  • ゼンリーのメリットでありデメリットは、ずっと相手と繋がっていること。共有する相手はしっかり選ぶことが必要。

ゼンリーがいつサービス終了しても大丈夫なように、お気に入りの代替アプリを今のうちに探しておきましょう!

Sponsored Links
share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ