MENU
\ ポイント最大10倍セール! /

ルイボスティーは煮出さないと意味ない!?理由や抽出法別の特徴も解説

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

ノンカフェインで体に優しいルイボスティー。
美容や健康にも効果的なんだとか。

煮出さないと意味ないって本当?

ルイボスティーに含まれる「フラボノイド」という成分は、煮出さないとあまり抽出されません。

フラボノイド

抗酸化作用、デトックス作用、ストレス緩和など様々な効果有り。

つまり意味ないのかぁ

フラボノイドを抽出したい場合、煮出さないと意味ないでしょう。

ルイボスティーの有効成分による効能を期待する場合は、しっかりと10分ほど煮出すのが大切です!

ただ、抽出方法によって味わいや続けやすさ、効能もさまざま…!煮出さないと意味ないかどうかはあなた次第です。

なるほど!

本記事では、ルイボスティーの抽出法による特徴や効能の違いを紹介します。

おすすめのアレンジ法も紹介するので、ぜひ見てみてください♪

ポンパドール
¥968 (2022/05/24 19:18時点 | Amazon調べ)
もくじ
Sponsored Links

ルイボスティーは煮出さないと意味ないと言われる理由

ルイボスティーは独特な香りとスッキリした味わいが特徴ですよね♪

私は大好きで、毎日飲んでいます。しかし、ネットで気になる情報が…!

ルイボスティーは煮出さないと意味ないよ!

ルイボスティーは、「煮出さないと意味ない」と言われているのはご存じでしたか?

今まで煮出してなかった!

ルイボスティーが「煮出さないと意味ない」と言われるのは、抗酸化作用をもつ「フラボノイド」が抽出されないからなのです!

必ずしも「煮出さないと意味ない」というわけではありません。

ルイボスティーには、熱に弱いビタミンやミネラルもたっぷりなので、煮出すと逆に失われる成分もあります。

抽出方法による違い

抽出方法メリット
煮出しフラボノイドなどを余さず抽出
お湯出し手軽で香りが引き立つ
水出しビタミン豊富で優しい味わい

抽出方法によって、それぞれのメリットがあるのですね!

ルイボスティーを煮出すメリットを詳しく解説するとともに、成分や抽出方法による効能の違いを紹介していきます。

【煮出し】有効成分を余さず抽出できる!

煮出しには、フラボノイドを含めた栄養素がしっかりと抽出できるというメリットがあります!

【煮出し】方法

やかんや鍋に茶葉やティーパックと水を入れ10分~15分弱火で火にかける。

吹きこぼれに注意!

ティーバッグを使用すると後片付けもラクチン♪

10分から15分というのはやや長いようですが、セットして待つだけなので意外と簡単に作ることができますよ。

ルイボスティーの美容や健康効果を余さず取り入れたい!という方には煮出しがオススメです!

予め煮出したものをストックしておき、冷やして飲んだりレンジで温め直して飲んだりするのもよさそうですね。

【お湯出し】手軽で香りが引き立つ!

すぐに飲みたいという時は、手軽にサッと作れるお湯出しがオススメです!

【お湯出し】方法

ティーポットやカップに茶葉やティーパックを入れて、お湯を入れ5分程置く。

お湯は沸騰したものを使用すると栄養も抽出されやすい!

ルイボスティーは、緑茶や紅茶に比べて渋みがあまり出ないため、沸騰したお湯を使ってしっかり抽出しましょう!

ちなみに、緑茶や紅茶は90℃くらいのお湯で抽出すると美味しいですよ。

でも、やっぱり煮出した方がいい気が…。

そんなあなたにオススメなのがティーライフのルイボスティー!

ティーライフ ルイボスティー

share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる