MENU

スタンディングデスクをやめた人の理由は?対処法や人気デスクも紹介

Sponsored Links

立ち作業用デスクとして、注目を集めるスタンディングデスク。

長時間の座りっぱなしは、健康を害するという研究報告もあり、近年スタンディングデスクの人気は上昇中。

スタンディングデスクの使用は、健康に良いだけでなく作業効率の上昇にもつながるため、立って作業する人が増えてきています。

あなたも使ったことがあるでしょうか?
しかし、スタンディングデスクは愛用者が多くいる一方で、

スタンディングデスクやめた

という人も。
一体なぜやめてしまったのでしょうか。

やめた人の理由からスタンディングデスクの短所を知れば、より効果的で快適に使用することができます。

本記事では、スタンディングデスクをやめたという人の理由やその対処法とともに、おすすめのスタンディングデスクをご紹介します。

もくじ
Sponsored Links

スタンディングデスクをやめた理由とその対処法を紹介

スタンディングデスクの愛用者は多く、人気も上昇してきています。

一方で、健康にもよいと言われるスタンディングデスクをやめたという声も…!

スタンディングデスクをやめた人の理由を知ることで、その短所を見ていきましょう。

スタンディングデスクの短所を理解してより良く使用できるように、対処法もご紹介していきます!

【2つの理由】スタンディングデスクをやめた人の声

スタンディングデスクをやめた人は、一体なぜやめてしまったのでしょうか。

スタンディングデスクをやめた人々の声をご紹介します。

長時間立っていると疲れる!

腰痛がひどくなったから
スタンディングデスクやめた!

スタンディングデスクをやめた人の理由は、主に2つ!

  1. 立ち続けることで疲れる
  2. 腰痛やひざ痛の悪化

スタンディングデスクの使用は、長時間立ちっぱなしの状態となり、下半身に大きな負担がかかるのです。

当然のことながら、座った状態よりも立った状態の方が疲れますよね。

消費カロリーは、座った状態よりも立った状態の方が高く、電車内ではダイエットのために立つという方もいます。

しかし、体に強い負担がかかってひざ痛や腰痛になっては大変…!

スタンディングデスクを使用する際は、体への負担も考慮して、健康に害のないよう注意しましょう!

【対処法】立ちっぱなしの負担を軽減する3つの方法

スタンディングデスクをやめた人の主な理由は、「疲労」と「腰痛やひざ痛」の2つでした。

どうにかデメリットを解決して使用したいものですよね。

スタンディングデスクの短所と言える「立ちっぱなしの疲れ」を完全に解決することは難しいものの、軽減する対処法はあります!

今回は、立ちっぱなしが辛くなくなる3つの対処法をご紹介していきます。

  1. マットの導入
  2. 細切れ作業
  3. 作業慣れ

それぞれ詳しく解説していきます!

1.マットの導入

最も分かりやすい対処法が「マットの導入」です。硬い床に長時間座り続けるのは辛いですよね。

しかし、座布団や柔らかな敷物の上ならば、座るのも楽になるでしょう。

立っているときも同じです!!

足元に柔らかなマットを敷けば、足の負担も軽減され、体全体の疲労もかなり減少します。

スタンディングデスクを使用する際、どのようなマットを敷いたらよいのか迷いますよね。

スタンディングデスクには専用のマットがあり、相場は1万円弱。

share♪
もくじ
閉じる