MENU
\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

使いかけ電池は保管方法を誤ると危険!正しい対処方法や注意点も解説!

  • URLをコピーしました!
Sponsored Links

あなたは、使いかけ電池をどのように保管していますか?

電池は私たちの生活に必要不可欠なので、未使用の電池や使いかけ電池を保管する機会は多くありますよね。

あなたのご家庭にも使いかけ電池があるのではないでしょうか?

とりあえずしまってあるけど…。

実は、使いかけ電池の保管方法を間違えると大変なことになります!

使いかけ電池の危険性
  • 液漏れ
  • 発熱
  • 発火

使いかけ電池には化学物質が入っており、失明や火傷の原因にもなるため、正しい保管方法が重要です。

本記事では、使いかけ電池を含めた電池の正しい保管方法や電池を扱う際の注意点を解説していきます。

電池が液漏れした際の対処法や保管に便利なグッズも紹介していきますよ!

身近な電池だからこそ、その危険性を知って、保管方法をマスターしましょう!

もくじ
Sponsored Links

使いかけ電池は保管方法が重要!注意すべきポイント4つ

あなたは、使いかけ電池を保管する時、どのようなことに気を付けていますか?

特になにも…。

使いかけ電池の保管方法を気にしている人は結構少ないですよね。

実は、使いかけ電池の保管方法を誤ると、液漏れや発火の危険性があるんです!

電池は化学物質が入っており、意外とデリケート。電池を保管する際は、しっかりとポイントを抑えましょう。

保管方法のポイントは以下の4つ!

ポイント危険性
①保管温度は10~25℃電池の寿命短縮
液漏れ
②金属類と一緒に保管しないショートによる
発熱、液漏れ、破裂
③未使用の電池と一緒に保管しない液漏れ
④テープなどで絶縁する発火、破裂

使いかけ電池について、保管方法のポイント4つと液漏れした際の対処法や正しい電池の使い方をご紹介していきます。

【ポイント1】保管温度は10~25℃が適温

電池の保管は、10~25℃が適温であり、35℃以上は危険です。

直射日光や高温多湿の場所で電池を保管するのは避けましょう。

暑い場所で電池を保管すると、電池の寿命が短くなるだけでなく、液漏れを起こす恐れがあります。

冷蔵庫なら涼しくてよさそう!

電池を冷蔵庫で保管するのは、間違った保管方法なのです!

冷蔵庫で保管すると、電池を取り出した時に結露が発生しサビの原因になるため、冷蔵庫での保管はしないようにしましょう。

【ポイント2】金属類と一緒に保管しない

電池を金属類と一緒に保管しないようにしましょう。

電池は金属類(ネックレス、鍵、コイン等)と一緒に保管すると、ショートして発熱、液漏れ、破裂の危険があります。

未使用の電池、使いかけ電池に関わらず、電池は金属類と分けて保管しましょう。

【ポイント3】未使用の電池を一緒に保管しない

使いかけ電池と未使用の電池は一緒に保管しないようにしましょう。

未使用の電池と使いかけ電池を一緒にすると、液漏れを起こす恐れがあります。

使いかけ電池と未使用の電池が混在しないように、しっかりと区別して保管しましょう。

【ポイント4】テープを貼って絶縁する

使いかけ電池を保管する際は、電極をセロハンテープなどで覆って絶縁しましょう。

何もせずにそのまま保管してしまうと、発火や破裂の恐れがあります。

詳しくは、後述の「使いかけ電池の保管にテープを活用!絶縁で事故を防止!」で解説しています。

【液漏れ】素手はNG!正しい対処法や掃除法を紹介

使いかけ電池の保管方法をご紹介してきましたが、もしも液漏れしてしまった場合、片付ける時も注意が必要です!

電池の液漏れを素手で片付けるのはNG!!

アルカリ乾電池の白い液は、強いアルカリ性の電解液で、失明や化学火傷の危険性があります!

液漏れを片付ける時のために、以下の対処法を覚えておきましょう!

シチュエーション対処法
目や皮膚に付いた場合すぐに大量の水で
洗い流して病院へ
衣服に付いた場合すぐに大量の水で洗う
家具や床に付いた場合ゴム手袋を付けて
優しくふき取る
機器に付いた場合湿らせたティッシュや
綿棒等で拭きとる

電池が液漏れしてしまった時は、身体に付かないように十分注意して片付けましょう。

もしも漏れた液に触ってしまった時は、すぐに大量の水で洗い流すことが大切です。

【電池の正しい使い方】注意すべきポイント4つ!

電池には、保管時だけでなく、使用する際にも危険が潜んでいます。

電池を使用する際の危険性を知り、正しい使い方に気を付けましょう!

ポイント危険性
①種類を統一する液漏れ
②強い衝撃を与えない液漏れ、発熱、破裂
③機器に入れっぱなしにしない電池の消耗、液漏れ
④使用推奨期限を確認

電池を使用する際のポイント4つについて解説していきます。

①種類を統一する

電池を使用する際は、電池の種類を統一することが大切です。

アルカリ乾電池やマンガン乾電池などの異なる種類の電池、またはメーカーや銘柄が異なるものを混ぜて使用しないようにしましょう。

未使用の電池と使いかけの電池も混ぜて使用してはいけません。

どうして?

種類や使用期間の異なる電池を一緒に使うと液漏れの危険性があるのです!

電池を交換する時は、全ての電池を新品で同じ種類のものに取り替えましょう。

②強い衝撃を与えない

電池は、高所から落下などの強い衝撃を与えることで変形して、液漏れ、発熱、破裂の危険性があります。

頑丈そうな電池ですが、注意して扱うようにしましょう!

③機器に入れっぱなしにしない

長く使用しない機器に電池を入れっぱなしにしていると、電池の消耗や液漏れの恐れがあります。

長期間使わない場合は、機器から電池を取り出して、新品と分けて保管すると良いですよ!

④使用推奨期限を確認

実は、電池には「使用推奨期限」という性能を発揮できる期限が定まっています。

使用推奨期限とは、食べ物でいう賞味期限のようなもの。

電池は使用推奨期限後でも使えますが、期限内の使用開始がおすすめです。

Sponsored Links

使いかけ電池の保管にテープを活用!絶縁で事故を防止!

使いかけ電池の保管方法に関して、「適温」「金属と一緒にしない」「異なる種類の電池を一緒にしない」というポイントを紹介しました。

さらに、使いかけ電池を「絶縁する」という大事なポイントがありましたね。

使いかけ電池は、保管時や捨てる際に絶縁する必要があるのです。

絶縁…。

「絶縁」とは、電気の流れを断ち切ること。

絶縁というと難しそうに聞こえますが、方法は簡単です!

電池を絶縁する際は、電極にテープなどを貼り付けましょう!

引用 Panasonic

図のように、電池の両極端にセロハンテープなどを貼り付けるだけで簡単に絶縁できちゃうんです。

電池を絶縁しておくことで、ショートが起こらず、発火などの事故を防ぐことができます。

電池の絶縁には、セロハンテープ以外にもさまざまなものが使用可能!

電池の絶縁に使えるもの

  • セロハンテープ
  • ガムテープ
  • マスキングテープ
  • サランラップ

身近なものと電池にテープを貼るだけの作業で、電池は簡単に絶縁できるのですね。

テープを貼り付けるだけで、火災のような重大事故を防ぐことができるなら、やらない手はないですよね。

保管や廃棄の際には、ご家庭にあるものを利用して電池の絶縁をしっかり行いましょう。

ですが、一つひとつの電池にテープを巻くのは少しめんどくさいですよね…。

頻繁に電池を使用するという場合は、専用の電池ケースがあると便利です!

オーディオファン 電池ケース 3点セット

share♪
  • URLをコピーしました!
もくじ